体格とペニスサイズの関係性

自分の体格とペニスサイズには関係があるのでしょうか。
気になる方も多いでしょうが、一概に関係性があるとも言い切れないのが事実です。
なんとなく筋肉がある人や恰幅のいい人、身長が高い人はペニスが大きいのでは、という意見をよく聞きますが、
実際ほとんどの男性が他人のペニスを多く見る環境にない以上、信ぴょう性がある意見とは言えないでしょう。
ただ、とある専門分野の研究では、指の比率によってペニスの大きさが異なるという独自の仮設を唱えているものもあるようです。
母親のおなかの中でホルモンシャワーを浴びている時、男性ホルモンを多く浴びた胎児は薬指が長くなるという説は
実際証明されましたが、それと同じように「指」という部位はあらゆる仮説の中に登場するようです。
指比によるペニスサイズ変化の説では、右手の人差し指と薬指の長さを比べた際、その比率が低いほどペニスサイズが大きく、
指の長さが長いほどペニスの長さも長い、といわれています。
体格差によるサイズの違いよりは根拠がある以上信ぴょう性は高いと思いますので、気になった方は一度確認してみては
どうでしょうか。
ただ、もちろんペニスサイズは遺伝だけで決まるわけではありません。
指の比率だけで決まってしまうものではありませんし、サイズだけでなく硬さや持久力も女性にとっては気にすることの多い
重要なポイントです。
身体を鍛えたからといってもちろんペニスが大きくなる保証はどこにもないので、総合的にペニスを鍛えていく必要があるでしょう。