ペニス増大手術はどのくらい痛いの?

ペニス増大手術は、一般的にどの程度の痛みを伴うものなのでしょうか。
術中・術後、それぞれについて解説していきましょう。
まずは手術中ですが、痛みはまず感じないと断言してもいいでしょう。
局所麻酔にしろ全体麻酔にしろ、麻酔を行うので痛みとは無縁です。
痛みがあるとしても麻酔薬を注射する時の針の痛み程度ですから、過度に心配する必要はないでしょう。
ですが、やはり気になるのは術後の痛みでしょう。
痛みどめが必ず処方されるはずですのできちんと用法・用量通りに服用していればそこまで激痛に悩まされることはないはずですが、
痛みどめが処方されるということはやはり痛みは伴うということでもあります。
場合によっては痛みどめを服用していても多少の痛みを感じてしまうでしょう。ただ、激痛というわけではありませんし、
十分我慢できるという方がほとんどです。
痛みをほとんど感じなくなるまで、大体一週間程度といわれています。
長い期間ではないですし、これ以上痛むケースもほとんどないようです。
万が一痛みが続くときや違和感を覚えた場合はアフターフォローを受けることもできますし、
クリニックによっては相談窓口を夜間にも設けているところもあります。
ですから術中や術後の痛みを気にして手術を足踏みする必要はないのです。